What's New!
ZAIMコンテンツ
Contents(E)

ZAIMが提唱するのは横浜独自のシティアートの実現です。続きを見る→

|What's Newで情報満載!|イベント情報がカレンダー形式で!|

無題ドキュメント
 
MIKA YAJIMA EXHIBITION [INSIDE-Blue Flower Project Vol.2]
+
DECEMBER DECORATION

MIKA YAJIMA EXHIBITION [INSIDE-Blue Flower Project Vol.2]
2006.12.01(金)-12.10(日)11:00-19:00 (最終日17:00まで) <別館スペース202>
DECEMBER DECORATION <ZAIM外壁>
2006年12月1日(金)-12月31日(日) 11:00-22:00

主催:ZAIM(財団法人横浜市芸術文化振興財財団)
協力: Women's Net Working Cafe はる美
Artists: MIKA YAJIMA

関連イべント:
はる美サロン@ZAIM
2006.12.01(金)ー12.03(日)11:00-21:00 別館スペース201
野毛・都橋の「はる美」がZAIMに3日間限定サロンをオープン!
・PROMOTION VIDEO 上映 「つながることーそこに・そして・それからーはる美」by miho
・ガラスアート展示 by 3d TRYANGLE

-主催者より-
10年間仕事と子育てするだけで個展など考えもつかなかったのですが、このたび、横浜を中心に人と人を繋ぐ大切なお仕事をしている女性たちのサポートによりEXHIBITIONとビルの外壁をデコレーションを一緒に行うことになりました。

作品は今夏の第3回越後妻有アートトリエンナーレへの作品の機材や、
現地で譲り受けた願入故水落キクさんの絹真綿を使った作品など、
Blue Flower Projectをさらに掘り下げた第2弾をビル全体から繰り広げます。
主旨をご理解いただける素晴らしい方々のコラボレーションイヴェントも計画中、
どうぞお楽しみに!

-about INSIDE-
矢島路絵は1994年からファイバーアーティストとしてビルや空港等、主に建築空間へのオーダーアートワークを手がけてきた。今年は7月の《大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006》(以下、妻トリ)に続き、ZAIMで展覧会を二つ開催した。




その一つは「MIKA YAJIMA EXHIBITION [INSIDE―Blue Flower Project Vol.2]」(12月1-10日/別館202)である。ここには3つの作品が展示されている。

まずは「INSIDE―内なるもの」で、2400×2400个離僖優襪会場入って右手奥に設置されている。パネルには、ポリエステルメッシュをバームクーヘンの形態にした大小様々なサイズの円形作品が添えつけられて、下からのライトアップが施されている。パネル下部から中央に密接に、上部には空間を多く残して恣意的に円形作品が配列されている様子は、まるで波から沸き立つ水飛沫のように見える。幅をそのままで、床には真っ白な砂と円形作品が展開している。それは水面下というよりも天空をさまよう姿に似る為、見る者は空間感覚に対して眩暈を起こす。それは後述するZAIM外壁の作品にも意識が及ぶ。屋外でのインスタレーションを得意とする、矢島の独自性が強く表れていると言えるであろう。この床面は、そのまま銀風船/貝殻/宝石が形作る曼荼羅に繋がるのである。

パンフレットにある矢島自身の言葉を引用する。「戦争、暴力、破壊、搾取、コントロールetc.,解決できるのは人の心だけ」「越後妻有アートトリエンナーレ2006で展開したTerra-Blue Flower Projectの第2弾、誰もが持っていながら忘れがちな花―心に内在する見えざるものを感じるだけで世界は変わる」。

妻トリからの連続性と、作品にふれることによって意識の変革を図ろうとする態度が読み取れる。Terra-Blue Flower Projectの発想を妻トリのWeb (http://www.echigo-tsumari.jp/writer/index.html) から引用する。「布とロープの張力を利用した膜構造から、自然界に存在するフォルム―朝顔のような青い花をフィールドいっぱいに点在させる。青い花は人間のBodyを現し無理のない張力は人間同士の支えあいを現しているのかもしれない。」

妻トリの際には作品自体で語らせていた発想を、今度は他者が「見る」ことによって交流を生み出そうとする点に、変化が表れている。

次は「OVER THE VEIL―ベールの向こう側」である。この作品は、ZAIMの備品である遮光板とカーテン仕立ての絹真綿を交互に配置し、8メートルに及び窓全体を支配している。シルバー針金とばらの花びらによってデコレーションされ、足元にはライトと銀の紙風船がびっしりと張り巡らされ、「INSIDE―内なるもの」との関連性が生まれている。バラの花びらはここから部屋を渡り、2階廊下から階段へ、更に1階廊下を伝わって壁面へと、飛び立つイメージを演出しているのである。

同じくパンフレットにある矢島の言葉を引用する。「ベールなんて本当は存在しない 我々はいつでも自由に行き来できるのだから……」「越後妻有―下条願入、故水落キクさん(享年101歳)作による絹真綿を原材料としたカーテンを窓側に展示、昼の光と夜のライトによる向こう側の景色の気配の移り変わりに心の変容を見つける」。

ここからも屋外への意識、「見る」ことによる交流が読み取ることができる。実際に作品を前にすると、昼夜の区別だけではなく天候による変化も感じられるほど、ナイーヴなマチエールが目を引いた。

202号室は上記の2点が支配しているだけではなく、扉左手の壁面にはバラの花びらの曼荼羅が展示してあった。柔らかいライトが燈され、WATCHMAN制作によるオリジナルCD「INSIDEヒーリングミュージック」が流れる。仄かなアロマ・ローズが香り、珈琲を飲みながら寛げる椅子も用意されていた。外からの別空間の意識、寛ぐことによって作品への集中力を高めるといった配慮がなされ、まさに空間を異化するインスタレーションとして展示が成立していたのだった。

-about DECEMBER DECORATION-
もう一つの展覧会は、ZAIMの外壁に二つ作品を展示することにあった。これは「ZAIMクリスマス企画」と連結している為、作品群に正式な名称は与えられていない。

まずはZAIM本館と別館をつなぐ駐車場屋上に備え付けられたライトからの光が、ミシンで縫われた直径6.8mのポリエステルメッシュを突き抜け、宇宙に向けて光を穿つ作品である。

同パンフレットにある矢島の文章を転載する。「Holy Night…天から青い癒しの光が降りてくる」「越後妻有トリエンナーレ2006―夏のスキー場で展開したBlue FlowerシリーズをZAIMのビルの谷間で展開、照明効果を利用しクリスマスシーズンならではの幻想的な外観を演出する」。

新潟の澄んだ空気に比べて横浜は都会のため、夜間でも照明が潰えることを知らない。拠って宇宙に舞い上がる想像力は生まれないが、青い光が投下されている点は明確になり、企画の意図にある「光が降りる」イメージの形成には成功したといえるだろう。

もう一つはZAIMの外壁を覆う金網を利用し、市民参加型の銀風船の折紙をデコレーションする作品である。銀色で耐水性が強い正方形の折紙と紙風船の折り方を示すキットが11月上旬から23日まで、ZAIMで配布された。これを取りに来た200人を越える横浜市民が紙風船を作成、再びZAIMに持ち込んでいただいた。矢島はこの風船を、自ら金網に登って展示した。日昼は陽光に反射して煌めき、12月上旬からZAIMは夕暮れとともにライトアップされ、銀風船は輝きを放った。

ZAIMのHPで矢島は、以下の言葉を付け加えている。「世界平和、環境、家族、恋人への優しい気持ちetc.,…貴方の願いを込めて紙風船を一緒に折っていただけますか?横浜市民の皆さんの思いがこもった約2万個の銀の風船をこの12月、ザイムの壁に飾ろうと思います。」

矢島の言葉を同パンフレットから引用する。「内なるものは音と光と共にやってくる」「まずは変容すること…それが大切なこと」。

昼間は太陽光、夜はライトアップによって煌く銀風船は、矢島の手にかかると「内なるもの」となる。そこで「大切」なのは、一枚の紙から立体に「変容」することであり、それは紙を折る作業だけではなく、風船を膨らます行動も関わってくる。膨らますこととは、生命を吹き込む意義も含まれている。このようにして、紙風船を制作するという単純な工作は、「内なるもの」に「変容」するのである。

この「内なるもの」がZAIMの「屋外」、外壁を飾るというコンセプトは、今回の矢島が一貫して持ち続けた「交流」という意識が支えていたのであった。(宮田徹也)

+写真をクリックすると拡大表示されます+
copyright(c) 2006 ZAIM
 
アーティスト紹介
 

矢島路絵 (ヤジマミカ)

1965  高知県生まれ
1988  東京造形大学造形学部デザイン学科2類織コース卒業
1988  I株式会社入社 和装東京事業部配属
1992  同社退社/独立
1993  MIKA YAJIMA ATELIER 事業開始
1996  FAM設立 他のアーティストとの共同制作、マネジメント業務開始
2002  2002年度 東京造形大学非常勤講師


Style
糸に関わる素材を中心に、織物・ノッティング・コラージュ・樹脂加工成形等の様々な技法を組み合わせ、平面・立体を問わず、与えられた空間やそのテーマに沿ったファイバーアートを制作しています。特に細い糸を使う織物や金属とのコンビネーション、樹脂加工成形による立体表現は作家独特のスタイルです。

Personal History
1965  高知県生まれ
1988  東京造形大学造形学部デザイン学科2類織コース卒業
1988  I株式会社入社 和装東京事業部配属
1992  同社退社/独立
1993  MIKA YAJIMA ATELIER 事業開始
1996  FAM設立 他のアーティストとの共同制作、マネジメント業務開始
2002  2002年度 東京造形大学非常勤講師

Commission Works
1994  蓼科 株式会社バンザイ 保養荘 (Entrance Hall & Lounge)
1994   港区 Y氏邸 (Guest Dining)
1995   Seoul Holiday Inn Seoul (Entrance Hall & Lounge.)
1996   Seoul Mr. Lee's Sports Club (Entrance Hall)
1996  大阪 ホテル シーガル (Royal Suite Room)
1996   Malaysia Renaissance Hotel 「嵯峨野」 (Entrance Hall, etc.,)
1996   新潟 当間高原リゾート Hotel Belnatio (86 Guest Rooms)
1997   長野 プレジデント・リゾート軽井沢/東急ハーベスト (227 Guest Rooms) FAM
1997   御殿場 中外製薬株式会社 (Entrance Hall)
1997   Korea Olympia Hotel / Japanese Rastaurant (24 Collages) FAM
1998   Vietnam 在ハノイ日本大使館 (Entrance Hall)
1998   Korea Olympia Hotel / (Lobby Floor, etc.,) FAM/Management
1998   New York JAL Lounge / J.F.K. International Airport (Entrance Hall)
1998   長野 ブリヂストン軽井沢山荘 (Hall, Lounge, Guest Rooms) FAM
1998   成田 JAL 本館第2サクラ ラウンジ /新東京国際空港第2旅客ターミナル(Entrance Hall)
1999   Korea Holiday Inn Seoul (Restaurant 酒幕)
1999   茨城 NTT DoCoMo 水戸ビル (Entrance Hall)
1999   福岡 JAL サクラ ラウンジ / 福岡国際空港 (Entrance Hall)
1999   新宿区 アルテック株式会社 Y.M.新宿ビル (Entrance & 8 ELV.. Halls)
1999   横浜みなとみらい 横浜メディアタワー / NTTグループ (Hall)
1999  文京区 ホテル フォーレスト本郷 (Entrance Hall, 4 Floor, 100 Guest Rooms)FAM
2000   大阪 JAL サクラ & ファーストクラス ラウンジ / 関西国際空港 (Entrance Hall)
2000   大阪 JAL サクラ ラウンジ / 大阪(伊丹)国際空港 (Entrance Hall) 
2000   宇都宮 キヤノン株式会社 光学技術研究所 (Hall)
2000   Kuwait Marriott Hotel (3 Places)
2001   Korea JAL Lounge / 仁川新国際空港 (Entrance Hall)
2001   埼玉 NTT DoCoMo 埼玉ビル (支店長応接室)
2001   千葉 旭ダイヤモンド工業株式会社 (Floor)
2002   成田 JAL 本館第1サクラ ラウンジ Annex / 新東京国際空港第2旅客ターミナル (Entrance Hall)
2002   豊島区 Club House Wedding Riviera (Entrance Hall)
2003   成田 JAL 国内線ラウンジ / 新東京国際空港第2旅客ターミナル (Entrance Hall)
2003  Kuwait Kei at Marina
2004   成田 JAL サクラ ラウンジ サテライト / 新東京国際空港第2旅客ターミナル (Entrance Hall)
2004   大阪 JAL サクラ ラウンジ / 大阪(伊丹)国際空港 (Entrance Hall)
2005  愛知 JAL サクラ ラウンジ/ 中部国際空港 (Entrance Hall)
2005  東京 "J"ビルディング(Entrance Hall)
2005  France LES DOMAINES DE SAINT-ENDREOL Golf & Spa Resort (Spa Entrance Hall)

Collections
1989   I株式会社 南禅寺対龍山荘 (Tapestry)

Awards
1989   '89 朝日現代クラフト展 奨励賞

Exhibitions
1993   国際工芸美術展 CKI ジャパンフェア '93 / 福岡選抜展
1993   '93 朝日現代クラフト展/あかりフェスタ岐阜'93
1994   国際工芸美術展 CKI ロシア展
2001   第25回ZOB展 東京造形大学卒業生有志テキスタイル展 / AXIS GALLERY
2003   第27回ZOB展 東京造形大学卒業生有志テキスタイル展/ DIC Color Square
2005   第29回ZOB展 東京造形大学卒業生有志テキスタイル展/ DIC Color Square
2006.04.03-04.16 グループ展ウォータープラスウィンド 06展 / GALLERY le bain
2006.07.23-09.10 第3回越後妻有アートトリエンナーレ2006/ 新潟十日町市下条中峰スキー場 No.6 Terra-Blue Flower Project
2006.11.19-11.26 第30回ZOB展 東京造形大学卒業生有志テキスタイル展/ 桑沢学園ホール
2006.12.01-12.10 個展 INSIDE−Blue Flower Project Vol.2/ ZAIM 横浜
2006.12.01-12.30 横浜  December Decoration for ZAIM 2006/ ZAIM横浜 (MIKA YAJIMA+YOKOHAMA Citizen & Friend's Origami Networks)


プリンタ出力用画面 友達に伝える
前月2010年 3月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
ZAIMアーカイブス
PickUp Artist File
copyright© 2006 - 2008 ZAIM