文字サイズ

主催公演

  1. Home
  2. 主催公演
  3. 【第200回】オルガン・1ドルコンサート 〈 ORGAN 1-dollar CONCERT Vol.200 〉

主催公演 終了公演

オルガン・1ドルコンサート

【第200回】オルガン・1ドルコンサート 〈 ORGAN 1-dollar CONCERT Vol.200 〉

1ドルまたは100円で、本格的なオルガン音楽が聴ける、大人気のオルガンコンサートです!
輝くような明るい音色が特徴の横浜みなとみらいホールのパイプオルガンは"ルーシー"の愛称で多くの方に親しまれています。
2016年度のテーマは「想い出」
出演オルガニストがそれぞれにとって想い出深い作品、作曲家を取り上げ、また皆さまからのご要望が多いJ.S.バッハ作品も取り入れたプログラムでお届けします。


祝、200回!想いを音にのせて

インターンシップ第14期修了記念演奏会

インターン生として大阪から横浜へと通ったこの1年間。沢山の方々に支えて頂きました。その感謝の気持ちと、ルーシーと共に学び歩んできた想いを胸に抱きながら演奏致します。私の想い出とともに奏でられるこの記念すべき200回目の1ドルコンサートが、皆様の更なる良き想い出となることを願って・・・                                                                           <大山智子>

日程
2016年5月25日(水)
会場
大ホール
開場時間
11:30
開演時間
12:10
出演者
大山智子 Tomoko Ohyama, Organ/ホールオルガニストインターンシップ第14期生
★プロフィール★
甲南女子大学文学部、相愛大学音楽学部オルガン専攻及び音楽専攻科修了。DAAD(ドイツ学術交流会) 奨学金を得て、ドイツ国立シュトゥットガルト芸術大学オルガン科及び古楽科にてディプロム、修士号を取得。パイプオルガンを土橋薫、久保田清二、Ludger Lohmann各氏に、チェンバロ、クラヴィコードをJörg Halubek 氏に師事。ハイルブロンで行われたリサイタルは好評を博し、翌日の新聞 "HeilbronnerStimme" にて絶賛される。国内外各地でのソロコンサートや室内楽に取り組んでいる。
プログラム
N.ブルーンス:前奏曲 ホ短調
Nicolaus Bruhns(1665-1697) : Präludium e-moll

J.S.バッハ:我ら悩みの極みにありて BWV641
Johann Sebastian Bach(1685-1750):Wenn Wir in höchsten Nöten sein BWV641

D.ブクステフーデ:われ汝に呼びかけん、主イエス・キリストよ
Dieterich Buxtehude(1637-1707):Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ BuxWV196

C.サン=サーンス / E.H.ルメア編曲:死の舞踏 Op.40
Charle Camile Saint=Saëns(1835-1921)/Arr. Edwin H. Lemare(1866-1934): Danse macabre Op.40

C-M.ヴィドール:オルガン交響曲第3番 Op.13-3より 行進曲
Charles-Marie Widor(1844-1937):Organ Symphony No.3 Op.13-3 Marcia
料金
100円 または 1ドル (先着2020名) Admission Fee:\100 or $1
*前売りはございません。当日会場へお越しください。

※3歳未満のお子様の客席内へのご入場はご遠慮いただいております。
 1階席ホワイエのモニター席でご鑑賞ください。
※3歳以上就学前のお子様をお連れの方は、
 1階後方の専用エリアにご着席をお願いしております。
主催
横浜みなとみらいホール [公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団]
★この公演のオルガン調律は、株式会社ヤマハミュージックリテイリング 横浜店のご厚意により行われています。
チラシ
【第200回】オルガン・1ドルコンサート 〈 ORGAN 1-dollar CONCERT Vol.200 〉 [PDF形式:867.6 KB]

注意事項と略号

大山智子 Tomoko Ohyama, Organ
大山智子 Tomoko Ohyama, Organ


pagetop

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-6

チケット・公演内容について

ホールチケットセンター:
045-682-2000

ホールご利用、その他について

ホール事務室:
045-682-2020

横浜みなとみらいホールは、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。

Copyright(c) MINATO MIRAI HALL. All rights reserved.