横浜みなとみらいホール Official BLOG

指揮者・川瀬賢太郎さんが語る、6/28「ハチャトゥリアン・コンチェルツ」の魅力

2019年6月01日(土) / インタビュー

C=Yoshinori Kurosawa② (1).jpg

いよいよ6月末に公演が迫った「ハチャトゥリアン・コンチェルツ」。池辺晋一郎館長が企画・監修を務める本公演は、ハチャトゥリアンの3つの協奏曲を一晩で演奏するという大変珍しい企画です。

5月のはじめ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会のリハーサルにお邪魔し、本公演にご出演いただく指揮者・川瀬賢太郎さんにお話しを伺いました。ハードなリハーサル後にも関わらず、丁寧にそしてユーモアたっぷりにお話しくださった川瀬さん。

 

公演のテーマでもある"ハチャトゥリアン"について、そして、ソリスト3名について、川瀬さんのコメントと共にご紹介します。


川瀬賢太郎(c)Yoshinori Kurosawa

 

 

■ハチャトゥリアンについて

 アラム・ハチャトゥリアン(1903~1978)は、ソビエト連邦の支配下にあったグルジア(現在のジョージア)でアルメニア人の家庭に生まれ、モスクワで音楽を学んだ作曲家です。ソビエト連邦の最高国家賞であるレーニン賞など多数の受賞歴を持ち、プロコフィエフやショスタコーヴィチと共に「ソビエト3巨匠」の一人と呼ばれています。

 そんなハチャトゥリアンの作品について「民族色が強い印象。それに加えて、キャッチーなメロディーも魅力的」と川瀬さん。

 

川瀬さん自身は、アンコールピースとして、「ヴァイオリン協奏曲」や「仮面舞踏会」などを演奏したことがあるものの、ハチャトゥリアンがメインの公演、そしてハチャトゥリアンだけの公演は今回が初めて。

池辺館長からこの企画を提案いただいた際には、「いかにも池辺館長らしい企画」そして「なんて面倒くさい企画なんだろう...(笑)」とも思ったそうですが、詳しく話を聞くと、より魅力的な企画と感じ、「どのような演奏会になるか楽しみ」と思ったとのこと。

 

また、神奈川フィルとは以前に『ヴァイオリン協奏曲』のフルート版を、横浜みなとみらいホールでの定期演奏会のアンコールで演奏したことがあるとのこと(フルート:上野星矢)。気心知れた神奈川フィルと生み出す、ハチャトゥリアンのメロディーにもご注目を。

 

 

■ソリストについて

 

ハチャソリスト.png

写真(左から):郷古廉(c)Hisao Suzuki、佐藤卓史(c)Takaaki Hirata、石坂団十郎(c)Marco Borggreve

 

 ヴァイオリン・郷古廉さんと共演する『ヴァイオリン協奏曲』は今回のプログラムの中で、唯一演奏したことがある作品。かつて郷古さんと共演したことがある川瀬さんは、「郷古さんがどのような"ハチャトゥリアン"を聴かせてくれるのか楽しみ」と期待の高い作品です。

 ピアノ・佐藤卓史さんとは、今回が2回目の共演。「神奈川フィルの定期演奏会でプーランクの『2台のピアノのための協奏曲』を一緒に演奏して、とても素晴らしいピアニストだと感じています。」

 チェロ・石坂さんとは、念願叶って今回が初めての共演。以前、一音楽ファンとして、石坂さんがコンチェルトで出演されていた公演を聴きにいったこともあるそう!「どのような共同作業から、ハチャトゥリアンの作品を作っていけるか、今から共演がとても楽しみです!」と嬉しそうに話されていました。

 

 一晩で協奏曲を3つも演奏するということは、指揮者・ソリスト・オーケストラのいずれにとっても、非常に過酷な試みであり、チームワークが重要となります。「お三方とも助け合いながら頑張りましょう」と川瀬さん。

 


 「この機会を逃したら、最低でも10年は聴く機会がないと思う」と語る本公演。

 池辺館長も「これだけの若手ソリストがよく集結してくれたなぁと思うすばらしい顔ぶれ」そして「あふれんばかりのアイディアを持っている指揮者、川瀬賢太郎の統率力も併せて感じ取ってもらえれば楽しさ2倍どころか10倍になること間違いなし!」と語る一期一会の貴重な機会です。

ぜひ会場でお楽しみください!

 


6/28「ハチャトゥリアン・コンチェルツ」の公演情報はこちらから。

(このインタビューの動画もご覧いただけます。

 ※開場中(18:40~)池辺館長によるプレトークあり!

 

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-6

チケット・公演内容について

ホールチケットセンター:
045-682-2000

ホールご利用、その他について

ホール事務室:
045-682-2020

横浜みなとみらいホールは、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。

Copyright(c) MINATO MIRAI HALL. All rights reserved.