横浜みなとみらいホール Official BLOG

横浜音祭りの期間中、レセプショニストのスカーフにご注目!

2016年10月04日(火) / レポート

「横浜音祭り2016」の主要会場のひとつである当ホールでは、レセプショニスト(案内スタッフ)が音祭りに向け製作したオリジナルスカーフを着用してお客様をお迎えしています。

横浜の産業である「横浜スカーフ」と連携して、横浜全体で「横浜音祭り2016」を盛り上げていこう!という取り組みです。

横浜音祭り開幕に先駆けて、915日、17日の2日間、当館のレセプショニスト向けにスカーフ講座を実施しました。講師は横浜繊維振興会からご紹介いただいた和知ヤス子さんと、橋本節子さん。

blog1.JPG

まず前半は、横浜スカーフがどのように発展してきたのかを知り、製作方法についても学びました。今回レセプショニストが着用するオリジナルスカーフも、職人さんがひとつひとつ丁寧に手捺染(てなっせん)という技法で染め製作されました。さまざまな工程を経て仕上げられたスカーフには、熟練された職人さんの技術と色々な人の想いが詰まっています。


後半は、90cm四方のスカーフの巻き方について教えていただきました。正方形のスカーフを巻き慣れていない人もいて、最初はスカーフの扱いに戸惑っていましたが、いくつか巻き方を教わるうちに慣れてきた様子でした。

blog2.JPG

 

講師の先生が個別に直接教えてくださる場面も。

blog3.JPG


このオリジナルスカーフは、横浜音祭りのロゴとイメージカラーのブルーを基調にしたデザイン。フェスティバルを楽しんで欲しい、音楽で幸せを感じて欲しい、とのメッセージを込めて、ピンクとイエローをアクセントに使用しました。

Muse Shopにも展示していますので、ぜひ近くでご覧ください。

muse販売blog用.JPG

横浜音祭り期間中ホールにご来場の際は、オリジナルスカーフを着用しているレセプショニストにも是非注目してみてくださいね!

 

 

今回はレセプショニスト向けでしたが、1022日(土)、29日(土)の2日間、一般のお客様もご参加できるスカーフ講座を開催します。無料でご参加いただけます!

ご自身のスカーフをお持ちになり素敵な巻き方を習得したら、コンサートへ出かけましょう♪

 

詳細はこちらをご覧ください。

(運営チーム)

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-6

チケット・公演内容について

ホールチケットセンター:
045-682-2000

ホールご利用、その他について

ホール事務室:
045-682-2020

横浜みなとみらいホールは、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。

Copyright(c) MINATO MIRAI HALL. All rights reserved.