文字サイズ

 

ホールご案内

  1. Home
  2. ホールご案内
  3. パイプオルガン
  4. オルガニストのご紹介

オルガニストのご紹介

ホールオルガニスト

三浦 はつみ(みうら はつみ)

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。1996年ボストン・ニューイングランド音楽院でアーティスト・ディプロマ取得。国内外でソロやオーケストラとの共演を数多く行い、2003年にはCD「トッカータ!」をリリース。現在、フェリス女学院大学非常勤講師。横浜みなとみらいホールでは、1998年開館以来、ホールオルガニストを務め、オルガン・1ドルコンサート、こどものためのワークショップなどの企画、ホールオルガニスト・インターンシップなど育成プログラムにも力を入れている。平成19年度横浜文化賞 文化・芸術奨励賞を受賞。

<img alt=
ホールオルガニストとは・・・
パイプオルガン"ルーシー"にとって、家族のような、友人のような、そして看護師さんのような、欠かせない存在が「ホールオルガニスト」です。中でも、普段からパイプオルガンをチェックし、その状態を安定させるための「オルガンメンテナンス」はとても重要な要素。4,623本のパイプにまんべんなく空気を通し、時には曲を演奏しながら、その響きや音量などに違和感がないかなど状態を確認し、コンサートを迎えるためのベストな状態を保っています。
また、初めて横浜みなとみらいホールのパイプオルガンを演奏される方に、その使用方法を説明するなど、オルガニストをバックアップする役割も果たしています。さらに、ホール主催のパイプオルガン事業へのアドヴァイスをしたり、運営にも携わったりなど、ともにコンサートを作り上げていく、ホールにとっても大切な存在です。

pagetop

インターンシップ・プログラム

パイプオルガン"ルーシー"を主役とした事業を数多く開催している横浜みなとみらいホールでは、ホールオルガニストに求められる役割について実際に体験と訓練をしていただくことを目的に"オルガニスト・インターンシップ・プログラム"を実施しています。研修修了後には「オルガン・1ドルコンサート」に出演し、研修の成果を皆さまに披露しますので、楽しみにしていてください!

<主な研修プログラム>

  1. オルガン公演・ワークショップなどの事業の企画運営に参加
  2. オルガン保守や楽器の構造、公共ホールの運営について学習
  3. オルガンやホールに関する広報活動への参画
  4. ホールオルガニスト三浦はつみによる研修

オルガニスト・インターンシップ・プログラム修了生

これまでに本プログラムを修了し、活躍されているオルガニストの方々をご紹介します。

2002年度(第1期)
浅井 美紀(あさい みき)
東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。安宅賞およびアカンサス音楽賞受賞。横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ第1期修了。オルガンを池田泉、廣野嗣雄、早島万紀子、三浦はつみ、チェンバロを故・小島芳子、通奏低音を今井奈緒子、廣野嗣雄の各氏に師事。これまでに、東京藝術大学助手、青山学院高等部講師を務めたほか、全国各地における演奏会、オーケストラや合唱との共演、オルガン見学会や公開講座の企画・演出等も積極的に手がけている。現在、青山学院高等部オルガニスト、水戸芸術館主催「幼児のためのパイプオルガン見学会」オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
浅井 美紀(あさい みき)
渋澤 久美(しぶさわ くみ)
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。2002年度、横浜みなとみらいホールのオルガニスト・インターンシップとして研修を受ける。06年より盛岡市民文化ホールオルガニストに就任し、コンサートの企画やオルガン講座の講師などオルガン文化の紹介に務めている。これまでにオルガンを高橋靖子、宮本とも子、浅井寛子、武久源造、三浦はつみの各氏に師事。聖路加国際病院礼拝堂オルガニスト、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員
渋澤 久美(しぶさわ くみ)
2003年度(第2期)
小島 弥寧子(こじま みねこ)
玉川大学芸術学科オルガン専攻卒業。武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。フェリス女学院大学ディプロマコース修了。大学院在学中福井直秋賞受賞。ドイツ、スイス、スペイン、イタリアなど国内外のマスタークラスに参加。2003年度横浜みなとみらいホールオルガニスト・インターンシップ修了。ソロ及びアンサンブル、オーケストラや吹奏楽団との共演などの活動を行う。またオルガンコンサートの企画、コーディネートにも力を注いでいる。これまでにオルガンを富永哲郎、伊藤繁、酒井多賀志、藤枝照久、早島万紀子、三浦はつみ、武久源造各氏に師事。現在明福寺ルンビニー学園オルガニスト及びオルガン教室講師。武蔵野大学非常勤講師。2015 年 3 月まで 9 年間築地本願寺の副オルガニストを務めた。 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
小島弥寧子ホームページ http://minekokojima.com
小島弥寧子_s.jpg
小髙 園里子(こたか えりこ)
スイス国立ジュネーブ音楽院を1等賞 及びジュネーブの町より特別賞を得て卒業。在学中に、スイス・フランスの国際オルガンコンクールに入選。スイス・フランス・イタリアなどにおいてリサイタルや合唱伴奏などを行うほか、教会オルガニストとして活躍。2003年度横浜みなとみらいホールオルガニストインターンシップ修了。オルガンを酒井多賀志、リオネル・ロッグ、ミッシェル・シャピュイ、アレッシオ・コルティ、三浦はつみの各氏に師事。ヨーロッパや日本など国内外において様々なマスタークラスに参加して研鑽を積みつつ、リサイタルやアンサンブルなどの演奏活動を行う。日本オルガニスト協会・日本オルガン研究会会員。日本基督教団成宗教会オルガニスト。サクライ楽器・ヤマハ横浜クラシックオルガン科講師。
小髙 園里子(こたか えりこ)
2004年度(第3期)
飯塚 美奈(いいづか みな)
秋田聖霊女子短期大学音楽科、エリザベト音楽大学パイプオルガンコース卒業。その後、スイス・ジュネーブ音楽院に留学、スイス・フランスを中心にマスタークラスなどに参加し研鑽を積む。帰国後、秋田アトリオン音楽ホールで演奏、およびアシスタントを務める。2004年度 横浜みなとみらいホールオルガニスト・インターンシップ・プログラム修了。これまでに、松尾泰江、戸沢真弓、香取智子、F.デロワ、三浦はつみ各氏に師事。
飯塚 美奈(いいづか みな)
2005年度(第4期)
浅尾 直子(あさお なおこ)
横浜市出身。関東学院女子短期大学幼児教育科幼児音楽コース卒業。洗足学園音楽大学オルガン科3年次編入学及び卒業。エリザベト音楽大学大学院修士課程修了。ボストン・ニューイングランド音楽院に留学。2005年度横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ・プログラム修了。現在ソロ演奏のほか、合唱・オーケストラ等との共演も多数行っている。近年は子どものためのコンサートにも力を注いでいる。オルガンを佐藤ミサ子、山崎陽子、林佑子、三浦はつみの各氏に師事。カトリック田園調布教会オルガニスト、ヤマハミュージックアベニュー銀座アネックスクラシックオルガン講師。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
浅尾 直子(あさお なおこ)
飯沼 彩(いいぬま あや)
武蔵野音楽大学オルガン科、ドイツ国立リューベック音楽大学を経て、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学院ソリストコースを卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。シュトゥットガルト音楽大学「市民のためのオルガン講座」にて講師を務める。横浜みなとみらいホール第4期オルガニスト・インターン。オルガンを池田泉、藤枝照久、ユルゲン・エッスル、ベルンハルト・ハース、三浦はつみ、早島万紀子、各氏に師事。現在、フェリス女学院大学音楽学部講師。フェリス音楽教室講師。日本基督教団長原教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員。日本オルガン研究会会員。
飯沼彩trim.JPG
2006年度(第5期)
野田 美香(のだ みか)
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。2006年度、横浜みなとみらいホールオルガニスト・インターンシップ・プログラム修了。スイス、ドイツ、オーストリア、スペインのマスタークラスにて研鑽を積む。各地のコンサートホールや教会でのソロ活動の他、オーケストラや吹奏楽団との共演などを行う。佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラによるディズニーのオフィシャルCD「ディズニー・オン・ブラス」にゲストミュージシャンとして参加。オルガンを酒井多賀志、池田泉、藤枝照久、三浦はつみ、志村拓生、早島万紀子の各氏に師事。現在、ローランドRMS音楽教室渋谷センタークラシックオルガンコース講師。日本オルガニスト協会会員。
野田美香.jpg
柳澤 文子(やなぎさわ あやこ)
東京藝術大学器楽科オルガン専攻卒業、同大学大学院修士課程修了。スウェーデン国立ピテオ音楽大学ソリスト科修了。03年度文化庁芸術家在外研修員。06年度横浜みなとみらいホール・ホールオルガニストインターン修了。日本やヨーロッパ各地、アメリカ等で演奏会に出演、合唱やオーケストラなどとのアンサンブルも積極的に活動。 02年スイス・ルッツェルン市の「O.メシアン・J.S.バッハ国際オルガンコンクール」第一位。今井奈緒子、廣野嗣雄、三浦はつみ、ハンス=オーラ・エリクソン、ギャリー・ヴェルカーデ、ハラルド・フォーゲル各氏に師事。関東学院六浦中学校・高等学校、日本キリスト教会湘南教会オルガニスト。フェリス音楽教室講師。日本オルガニスト協会会員。
柳澤 文子(やなぎさわ あやこ)
2007年度(第6期)
石丸 由佳(いしまる ゆか)
新潟市出身。東京藝術大学オルガン専攻卒業、同大学院修了。安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞、及び大学院アカンサス音楽賞受賞。オルガンを廣野嗣雄、廣江理枝の各氏に師事。デンマーク政府奨学生としてデンマーク王立音楽院にてハンス・ファギウス氏に師事し、ソリストディプロマ取得。文化庁在外研修派遣員としてドイツ国立シュトゥットガルト音楽・演劇大学にてルドガー・ローマン氏に師事、ドイツ国家演奏家資格取得。2010年、第22回シャルトル国際オルガンコンクールで優勝、併せてDane&Polly Bales Prize (ベストプレイヤー・オブ・J.アラン)を受賞。翌年よりヨーロッパ10カ国以上に渡り各地音楽祭へ招待されコンサートツアーを開始、シャルトル大聖堂やパリのノートルダム大聖堂、マドレーヌ寺院等でリサイタルを行う。2014年にはレナード・スラットキン指揮/リヨン管弦楽団の日本ツアーに同行。2015年、ヨハネス・クルンプ指揮/シュトゥットガルト州立管弦楽団と共演。現在もヨーロッパ及び日本で演奏活動を展開中。また、テレビ・ラジオ等に出演し、オルガン音楽の普及にも努めている。2015年にオルガヌム・クラシックスより初のCDをリリース。HP : http://yukaishimaru.pecori.jp/index.html
20141019-(1)_s.jpg
2008年度(第7期)
春日 朋子(かすが ともこ)
東京藝術大学器楽科オルガン専攻卒業、同大学院修士課程修了。2007年トゥールーズ国立高等音楽院を満場一致の一等賞のディプロマを取得し修了。2008年度、横浜みなとみらいホールオルガニスト・インターンシップ・プログラム修了生。これまでにオルガンを今井奈緒子、廣野嗣雄、早島万紀子、ステファヌ・ボワ、ミシェル・ブヴァール、ヤン・ヴィレム・ヤンセン、三浦はつみ、通奏低音を廣野嗣雄、今井奈緒子、鈴木雅明、チェンバロを小島芳子、ヤスコ・ブヴァール、ヤン・ヴィレム・ヤンセンの各氏に師事。また、国内外における数々のマスタークラスに参加し研鑚を積む。各地のコンサートホール、教会などにおいてソロ演奏の他、合唱、オーケストラとの共演、アンサンブルなどの演奏活動も行っている。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
春日 朋子(かすが ともこ)
2009年度(第8期)
猿渡 友佳(さるわたり ゆか)
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科オルガン専攻卒業。同大学オーディション合格者による特別演奏会、卒業プロジェクトコンサート学部長賞選考演奏会 出演。第35回日本オルガニスト協会主催新人演奏会に出演。武蔵野音楽大学大学院修士課程 修了。在学中に武蔵野音楽大学大学院修士課程在学生によるコンサートに出演。2009年度横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ・プログラム修了。「第26回白川・イタリアオルガン音楽アカデミー」にて白川賞受賞。現在フェリス女学院大学ディプロマコース在学中。これまでに中村岩城、千葉葉子、藤枝照久、三浦はつみの各氏に師事。
日本オルガニスト協会会員。
猿渡 友佳(さるわたり ゆか)
2010年度(第9期)
小清水 桃子(こしみず ももこ)
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科オルガン専攻及び同大学院修了。これまでにオルガンを平井靖子、廣野嗣雄、宮本とも子、三浦はつみ、武久源造、通奏低音・即興を宇内千晴、チェンバロを武久源造の各氏に師事。大学院2年在学中に<オーケストラ協演の夕べ>に出演、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演する。卒業後フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手を務める。神奈川県民ホールパイプオルガンプロムナードコンサート、ミューザ川崎ニューイヤーフレッシュコンサート2009、北とぴあパイプオルガンコンサート等に出演。現在フェリス音楽教室オルガン科講師。日本オルガン研究会会員、日本オルガニスト協会会員。
小清水 桃子(こしみず ももこ)
2011年度(第10期)
岡本 玲子(おかもと れいこ)
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業。同大学大学院音楽研究科博士前期過程修了。大学在学中選抜卒業演奏会に出演。日本オルガニスト協会主催第31回 「オルガン新人演奏会」に出演。フェリス女学院大学ディプロマコースにて研鑽を積む。2013年よりボストンに渡り、バーバラ・ブルーンス氏のもと、アンドーバー・クライストチャーチにて教会アシスタントオルガニストを務め、英国式クワイア伴奏法等を学ぶ。また国内外のマスタークラスに参加して研鑽を積む。これまでにオルガンを横手多佳子、藤枝照久、荻野由美子、三浦はつみの各氏に師事。チェンバロをフランシス・フィッチ氏に師事。日本キリスト教団横須賀小川町教会 オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
okamoto.jpg
2012年度(第11期)
龍田 優美子(たつた ゆみこ)
1989年東京に生まれる。3歳よりピアノを始め、6歳より桐朋学園附属子どものための音楽教室ピアノ科に入室。17歳より井上圭子氏に師事しオルガンを始め、東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻へ入学。オルガンを廣江理枝、B.アシュレーの各氏に、ピアノをS.プラタニア、L.G.モレノの各氏に、通奏低音を椎名雄一郎氏に、即興演奏を近藤岳氏に、チェンバロを大塚直哉、廣沢麻美の各氏に師事。2011年、安宅賞を受賞。2012年、卒業に際しアカンサス音楽賞を受賞。第39回日本オルガニスト協会主催新人演奏会に出演。これまでに、藝大奏楽堂、旧東京音楽大学奏楽堂、水戸芸術館、霊南阪教会、大森めぐみ教会などで演奏。また、NHK交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者永峰高志の伴奏をするなど幅広く活躍。第7回武蔵野市国際オルガンコンクール公開オーディションにて最年少で合格。奨学金を得て、2012年9月に開催されるコンクールに出場が決定している。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科にて更なる研鑽を積む。オルガンを日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
<img

2013年度(第12期)
冨田 真希(とみた まき)
奈良教育大学、神戸松蔭女子学院大学を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院音楽研究科修了。これまでにピアノを亀井ハツ子、前田則子、中井正子の各氏に、オルガンを佐分利みどり、長谷川美保、鈴木雅明、小榑由布子、土橋薫、大塚直哉、廣江理枝の各氏に師事した。2010年には芸大モーニングコンサートにおいて、高関健氏の指揮で芸大フィルハーモニアと共演。以後オーケストラと数々共演している。2011年、フランス・ドイツ・ルクセンブルクの国境なき国際オルガンコンクールで入賞。芸大大学院修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。日本オルガン研究会会員、日本オルガニスト協会会員。
冨田真希(こっちを使用)小さい.jpg

2014年度(第13期)
小野田 未奈(おのだ みな)
都立芸術高等学校音楽科ピアノ専攻在学中より、オルガンの基礎を﨑山裕子に師事。 フェリス女学院大学音楽学部オルガン科にてオルガンを宮本とも子、三浦はつみ、岡本桃子の各氏に師事。2007年、日本オルガニスト協会主催オルガン新人演奏会に出演。卒業後、米国アンドーヴァーのクライスト・チャーチにてアシスタント・オルガニストを3ヶ月間務める。2008年、第24回白川イタリアオルガン音楽アカデミーにてゲラルデスキ賞受賞。2009年、ウィレム・ヘル マン国際オルガンコンクール第3位。現在、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂オルガニスト、フェリス音楽教室オルガン科講師。日本オルガニスト協会会員。
_DSC4762 -hp.jpg

2015年度(第14期)
大山 智子(おおやま ともこ)
甲南女子大学文学部、 相愛大学音楽学部オルガン専攻及び音楽専攻科修了。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学金を得て、ドイツ国立シュトゥットガルト芸術大学オルガン科及び古楽科にてディプロム、修士号を取得。パイプオル ガンを土橋薫、久保田清二、Ludger Lohmann各氏に、チェンバロ、クラヴィ コードをJörg Halubek氏に師事。ハイルブロンで行われたリサイタルは好評を博し、翌日の新聞"Heilbronner Stimme"にて絶賛される。国内外各地でのソロコンサートや室内楽に取り組んでいる。
tomokoohyama.jpg

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-6

チケット・公演内容について

ホールチケットセンター:
045-682-2000

ホールご利用、その他について

ホール事務室:
045-682-2020

横浜みなとみらいホールは、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営しています。

Copyright(c) MINATO MIRAI HALL. All rights reserved.